アカウント情報カートを見るレジに進む

奉公人引取之事

冊数:1
刊行年:天保2
25x29cm 天保二年五月から翌月五月まで、乳母として奉公する筈であったが、御暇を下されたので、請人である大和屋和七が引取り、先借した給金一年分、銀百四十匁(金で約二両)は、そのまま下さるとのこと、有難いことです、と言っている。「御暇」とは奉公を免じて解雇すること。二ヶ月しか勤めていないのに、一年分払うとは何か理由があって解雇されたのであらう。
No. 80645
価格:8,000円
この商品は 2021年8月15日 日曜日 にカタログに登録されました。
連想検索による関連商品

斎木勘左衛門誓紙

15,000円

古郷送り一札之事

古郷送り一札之事

5,000円

道明寺神納覚

4,000円

連想検索
キーワード・文章から検索!

ショッピングカート
カートは空です...
2022年9月28日 水曜日 39461794 リクエスト (2005年6月 6日 月曜日 より)