アカウント情報カートを見るレジに進む

亀谷凌雲書簡 日本基督教団富山新庄教会設立者 

冊数:1
刊行年:明45
毛筆25行 封筒付。亀谷凌雲は富山県新庄町浄土真宗大谷派正願寺住職で親鸞の直系である蓮如から18代の末裔。後に改宗して牧師になった人物。この書簡は東京帝国大学在学中、明治の親鸞と言われた真宗大谷派僧侶近角常観が東京本郷で主宰していた求道学舎に懇願して入っていた時期のもので、文中には明治の親鸞の文字もあり興味深い。
No. 79998
価格:8,000円
この商品は 2021年5月21日 金曜日 にカタログに登録されました。
連想検索による関連商品
日本基督教団小松川教会三十周年記念史

日本基督教団小松川教会三十周年記念史

10,000円

酒井三良書簡

20,000円

松尾宗見書簡

8,000円

連想検索
キーワード・文章から検索!

ショッピングカート
カートは空です...
2021年8月 5日 木曜日 32757596 リクエスト (2005年6月 6日 月曜日 より)